アクセス
 
泉都溫泉休閒飯店台灣台北北投區光明路220號電話:(02)2896-0077士林夜市 北投溫泉博物館 綠色圖書館 地熱谷 陽明山國家公園 士林官邸 淡水 故宮博物院

新北投駅

徒歩3分

1916年には新台都駅が開通し、駅は木造建築で建てられました。建物の最大の特徴は、彫刻された窓と屋根の虎の窓であった。1988年、MRSへの淡水(Danshui)変更の列車鉄道のために、ジャンファ台湾民俗村に撤去され保存された。その後、2017年に新台駅駅が新台戸に戻り、現場で再編されました。それは現在、内部を訪問できる文化的な駅です。それはその工法、古い写真、時折の美術展を含み、ここで特別なお土産を購入することもできます。
開館時間:
月曜日休業、火曜日〜木曜日10:00〜18:00、金曜日〜日曜日10:00〜20:30

北投温泉公園

徒歩約2分

北投公園は西暦1913年に設立されて、MRT新北投駅の向いにあり、北投温泉エリアの中心となっております。北投溪の両岸に沿って建設しており、鳥のさえずりと花の香り、川の流れる音、全てが天然そのものです。公園はすでに100年の歴史があり、百年の歳月を経た森木が青々と茂っています。更に、天然の温泉がするすると通り抜けており、アーチ式石橋や歩道もあって、あちらこちらにある木製の東屋でひと時の安らぎを感じることもできます。空気の中には霧と硫黄の匂いが纏っており、自然的に温泉郷独特の雰囲気が満ち溢れています。

北投温泉博物館

徒歩約5分

大正2年(西暦1913年)6月、台北州庁が公共衛星の経費のうちの約5万6千元を使い、日本静岡県伊豆山温泉を真似て、北投温泉公共浴場を建設しました。敷地約700坪、二階建ての英国式レンガ建築で、当時最大の公共温泉浴場でした。戦後、公共浴場は管理局の頻繁の更迭によって、荒廃に至りました。1998年10月31日、地方の住民の奔走のより、台北市政府の修繕を経て、「北投温泉博物館」として、正式的に改めて開放することになりました。
開館時間:
火曜日~日曜日9:00-17:00、月曜日と祝祭日(土日な場合開館)に休館

地熱谷

徒歩約10分

日本統治時代で、地熱谷は台湾の八景十二勝の一つとして評価されて、「磺泉玉霧」の名誉があります。それは日の出が温泉から出る蒸気を照らす際に、多変な光と影が現れ、まるで夢のような仙境にいるような気分になれます。地熱谷の温泉は酸性の硫黄泉で、水温は75度近くあり、大屯山群エリア内ではもっとも水温が高い温泉です。水質が綺麗でかすかな緑色で玉のような色合いで、青磺泉とも呼ばれています。水の水素イオン指数は1.4~1.6で、腐蝕性が極めて高く、地熱谷温泉は同時に北投温泉の源泉でもあります。また、地熱谷の溪石には放射性元素「ラジウム」が含んでおり、「北投石」と呼ばれて、世界で唯一台湾の地名で命名された鉱石で、現在では台湾北投と日本玉川でしか見られません。
開園時間:火曜日~日曜日9:00-17:00

グリーン図書館

徒歩約5分

2012年4月、アメリカの娯楽芸文ネットニュースサイトhttp://Flavorwire.com で、「世界で最も美しい図書館25」を選定しました。北投グリーン図書館はそれの一つとして評定されて、台湾図書館の栄光となりました。
台北市立図書館北投分館は台湾初のグリーンビルディング図書館で、森に囲まれて、生態環境豊かな北投公園内にあります。北投温泉博物館と並んでおり、地下一階と二階を含めて、建物面積は650坪となります。「生態」、「省エネ」、「廃減」、「健康」で有名なグリーンビルディングです。
開館時間:火曜日~土曜日8:30-21:00; 日曜日、月曜日9:00-17:00

梅庭

徒歩約5分

北投公園内にあり、1930年代末期に建設されました。建築面積は約250平方メートルで、建物面積は約335平方メートル。日本式木構造となっており、地勢にあわせて上下の2階建てとなっております。上は日本建築の木構造を使用して、大量の木造フランス窓があり、古風で優雅な風貌となっております;下は防空室となっており、鉄筋コンクリート結構で、戦争時代の証となる豪華な建物となります。梅庭は”一代草聖”と呼ばれていたた于右任さんの避暑別館でもあり、入り口の柱では于さんが書いた「梅庭」の書が見られます。屋内には池があり、庭は広く、木がそびえ立っていて、緑が満ち溢れています。現在は于右任さんの作品を展示している芸文館所となっております。
開館時間:
火曜日~日曜日 9:00-17:00(月曜日と祝祭日は休館、祝祭日が土日な場合は開館)

普済寺

徒歩約10分

台湾で現存の唯一の日本式真言仏寺です。西暦1905年に建設されて、典型的な日本古式建築物であり、当時は鉄道員より立てられたお寺であるため、また「鉄真院」とも呼ばれております。現在は市定古蹟となります。お寺に祀られている主神は”湯守観音”で、北投温泉エリアの守護神とされて、ずっと地方の住民の信仰中心となっております。

ノンチャン寺

車で約10分

法鼓山 の名人の始まりの東初老人,ベーシス百丈禪師設立されたジャングルシステムは、生活のために農業に、瞑想の人生によって生成されます。後、法鼓山の々な事業次々に確立、オフィスは、寺院内に設定しました、また、寺院で開催されました、人々の支持の下に、ちょうど30年、、ノンチャン寺院、シュウエイ道場、すでにどこでも巡礼のための人気のあるアトラクションになりました。

サルファーバレー

車で約8分

サルファーバレーはダトゥン火山群の南端に位置しています。地形のバースト、谷は約1km、幅は約80-200mです。これは、新台都の各ホテルの温泉源でもあります。ここでは、火山砕屑岩と堆積岩の地形景観を楽しむことができます。

陽明山国家公園

車で約20分

陽明山国家公園は台北盆地の北側にあり、東の鉱嘴山、五指山東側から、西の天山まで、天山の西側に向かっていて、北は竹子山、土地公嶺から、南は紗帽山南側まで、面積は約11,338ヘクタールです。陽明山国家公園は緯度と標高の影響により、亜熱帯気候エリアと温帯気候エリアに属しており、ゆえに四季明瞭で、色んな顔が楽しめます。
春の2、3月は陽明山公園の桜の季節で、色とりどりなシャクナゲと満開な山桜が、冬のどんよりさと単調を吹き飛ばし、大地を綺麗に染めます。夏は西南モンスーンにより、午後はたまに夕立があります。雨が上がった時、山ではよく「山谷にかかる虹の橋」が見れることができて、雨上がりの陽明山を更に輝かせます。秋が訪れる10月になりますと、白いススキが風に吹かれるお花の海と化します;もう少しすると、紅葉が木を彩って、黄金色の葉っぱが有名な「大屯秋色」を作ります。冬は東北モンスーンの影響により、陽明山エリアはよく氷雨が降り、低温で高湿度ゆえに、雲霧に纏われていて、特別な景色となります;強烈な寒波があった場合は、七星山、竹子山、大屯山一帯にて雪が降り、瑞雪に覆われる銀色世界となります。

竹子湖カイウ生態エリア

車で約30分

竹子湖カイウ祭は台北市政府産業発展局が主催しており、カイウの旬の季節に合わせて開催されます。毎年の竹子湖カイウ祭の期間は約3月末から4月末で、陽明山花祭の色とりどりさと異なるが、竹子湖の大きな花の波は、花見の人波が集まるところとなっております。陽明山の山脈にある竹子湖は標高約600メートルで、気候が涼しくて、高原野菜と花が育つ絶好な環境となっており、その中でもカイウはもっとも有名です。カイウの花期は毎年の12月から翌年の5月までとなっており、カイウ祭はカイウがもっとも多く咲く3月から5月の間に開催せてます。カイウの植栽面積は約13ヘクタールで、広く知られている純白のカイウ以外にも、地元の農民より黄色、紫色などのカイウが研究されて、竹子湖カイウ祭が一段と美しくなりました。

淡水

車で約20分

淡水は古い街並みとなっており、たくさんの文物古跡が見られます。パイの老舗や、紅毛城、赤楼、真理教会、淡江中学校(ジェイ・チョウ 言えない秘密の撮影現場)、淡江大学…など、または漁人埠頭で夕日を眺めたり、フェリーで向こう岸のカフェでコーヒーを飲んで、海を見たり、埠頭に沿って有名な阿給(アゲイ)、お魚スナック、魚のつみれ、鐵蛋(鉄卵)、梅ジュース…などをご堪能いただけます。

士林官邸

車で約20分

士林官邸はかつて園芸管理所(士林園芸実験分所)の一部で、国民政府遷台以降、1950年に、元総統 蔣介石さんの官邸となり、それから士林官邸は台北市民にとって神聖神秘で気軽に近づけない禁地となりました。それから46年の厳密な護衛を経て、民主の流れによって士林官邸は1996年に正式的に開放されて、観光客が休日に訪れるスポットとなりました。官邸は外から外ガーデン、内ガーデン、正房と分けられています;外ガーデンには温室盆栽エリア(主にランを栽培)があり、横のバラ園エリア(主にバラを栽培)もたくさんの花が咲き乱れています。バラ園の花期は3月から5月となり、蔣夫人が大好きなバラ園でした。官邸內は鳥のさえずりがあり、花の香りがあり、景色は静かで優雅です。官邸内には御用のバラ園があり、百種類以上の輸入バラが一年中咲いております。専門の方が維持管理しており、現在は無料で開放しております。

士林夜市

車で約20分

士林夜市は台北市で範囲がもっとも広い夜市で、海外観光客が台北来た際に必ず訪れる観光夜市です。敷地が広く、主に二つのエリアに分けられます。一つは伝統陽明劇場周辺、大南路慈諴宮一帯を含みます;もう一つは基河路101号新たに運営された士林市場です。夜市に訪れる人々は台湾地元のB級グルメをご堪能頂けます。蚵仔煎(カキの台湾風あんかけお好み焼き)、花枝羹(イカのとろみスープ)、天婦羅(魚の練り物のあんかけ)、大餅包小餅(餅クレープの揚餅包み)、香酥雞排(巨大唐揚げ)、生煎包(焼き小籠包)、一口吃香腸(一口ソーセージ) …など数百種類のグルメがあり、また安いショッピングができたり、台湾式マッサージもご体験いただけます。

故宮博物院

車で約40分

故宮博物館は世界四大博物館の一つであって、博物館の前身は西暦1925年北京紫禁城で建設された故宮博物館で、1948年の国共內戦で、国民政府は故宮博物館の文物を台湾まで運び、1965年に故宮は現在位置に設立されて、中山博物館と命名されて、または「台北故宮」とも呼ばれております;故宮博物館の文物は元々中国大陸から五回運送する計画があったが、戦争の関係で三回のみの運送となり、計約2972箱の豊富な文物ゆえ、故宮博物館を世界有名な博物館となりました;館内には中国歴代の古物、文化歴史、名画など約65万件以上秘蔵されており、その中では国内外で有名な”翠玉白菜”があり、館内でも色んな記念品をお買い求めいただけます。
開館時間: 故宮展覧館 09:00-17:00;全年無休。

忠烈祠

車で約30分

台北忠烈祠は北安路、明水路にあり、主に北京故宮太和殿を真似た建築物で、外にはざくろ色の高い壁があり、中には歴年犠牲された烈士の位牌があります。多くの観光客は衛兵さんのガンプレイ交代式を見に行き、休日になると多くの観光団体が訪れます。毎日の09:00am~16:40pm、一時間ごとに台湾の衛兵さんによる息ピッタリな交代式が見られます。